顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

【アクセス】都営大江戸線 勝どき駅 A3出口 徒歩1分

03-3532-4145

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝

メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

創業時こそ融資を申請しましょう。

起業したばかりの方にとって、融資を受けるというのは大きな決断ですよね。

融資を受ける時期は、いろんな時期があると思います。

創業時、事業が拡大してきたとき、又は事業が衰退してきたときなど様々だと思います。

例えば、日本政策金融公庫の「新創業融資制度」であれば、事業開始後決算を2期終えて
いない方であれば、融資の申請を行うことができます。

そのため、起業家の人の中には、お金が必要になったら融資を受ければいいと安易に
考えている方もいるかもしれません。

もしそう考えているのであれば、これはとても危険なことです。

なぜなら、いざお金が必要になったときに、借りられる保証はどこにもないからです。

特に当初想定していたよりも経営が順調にいかず、お金が必要になった場合には
融資が下りる可能性は厳しいと言わざるをえません。

なぜなら、貸す側にとっては、それまでの売上などの実績を見た上で判断することに
なるからです。

「お金を借りたい時期」と「お金を借りやすい時期」はイコールではないという
ことをぜひ理解しておいてほしいと思います。

起業家の人が最もお金を借りやすい時期は、間違いなく「創業時」なのです。

創業時は実績がありません。
なので、事業計画を見た上で判断することになるのです。

そのため、事業計画が現実的で合理的なものになっていれば、お金を貸しても
大丈夫だろうという状況ができるのです。

もし、経営が順調にいかない場合には、追加の資金が必要になる可能性がある
のであれば、創業時に融資の申請をすることを検討することをおすすめします。

後もう少しで軌道に乗りそうな時に、お金がなくなってしまい、どうにも
ならない状況になってしまうのは、とてももったいことだと思います。

Return Top