顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

【アクセス】都営大江戸線 勝どき駅 A3出口 徒歩1分

03-3532-4145

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝

メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

変動費を削減するための5つの方法

「変動費削減のための5つの方法」について考えていきましょう。

まず、「変動費」というのは、売上高の増減に伴って増えたり、減ったりする
費用のことです。

例えば、仕入であったり、外注費といったものが変動費に該当します。

ここまではよろしいでしょうか。

売上高を増やすためには、客単価を上げるか、客数を増やすという方法があります。

もしあなたが客数を増やすことを検討する場合に、売上単価を下げることで
取引量を増加させようと考えることがあると思います。

この時に同時に考えて欲しいことがあります。

それは、変動費を削減できる余地がないかということを考えてみて欲しいのです。

「仕入上手は儲け上手」といった言葉もあります。
しかし、仕入先に圧迫をかけて仕入単価を引き下げるのは、決して仕入上手とは
言えませんよね。

それでは変動費削減のための5つの方法について、これから紹介していきますね。

1.大量仕入れで仕入単価を安くする。

例えば、毎月一定の量の仕入をしている場合に、まとめて大量に仕入れをすることで
仕入先との値下げ交渉を行うことができないでしょうか?

仕入先にとっても、毎月小口で販売するよりも、運送費用や人件費を削減できるという
メリットがあるので、仕入先の経費効率化にもつながります。

2.現金仕入で単価を下げる

仕入の支払いは、通常掛けや手形で行う場合が多いですが、現金仕入を行うことで、
仕入先の資金繰りを楽にするというメリットがあります。

現金仕入を行う代わりに、仕入単価の値下げ交渉をする余地はあると思います。

3.支払サイトの短縮で単価を下げる

「さすがに現金仕入は難しい」という場合もあると思います。
その場合、支払サイトの短縮という選択肢もあります。

例えば、これまで平均サイトが45日であったところを30日にすることで、
仕入先としては15日早く現金化することができるため、交渉を検討してみては
いかがでしょうか。

4.仕入先を絞る

仕入先がたくさんある場合には、数社に絞りこみ、取引量を増やす代わりに
仕入単価を下げてもらえる可能性がありますよね。

ただ、もし1社に絞りこんでしまうと、不測の事態があったときに対応できなく
なるので、その点は注意が必要です。

5.在庫管理の徹底を図る

過剰在庫や不良在庫を抱えないことも、変動費の削減、つまり利益に繋がります。

過剰在庫とならないように、販売と仕入れの情報の共有がとても重要です。
特に販売状況を把握していない人が仕入の担当をすると過剰在庫となるケースが
よくあります。

変動費の削減は意外と手を付けていないケースがよくあります。

仕入単価を下げるというと、仕入先を苦しくすると考えがちですが、仕入先にとっても
メリットがある単価引き下げの交渉であれば、お互いがウイン-ウインになれるのです。

まずは、できるところから行動に移していきましょう。

Return Top