顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

【アクセス】都営大江戸線 勝どき駅 A3出口 徒歩1分

03-3532-4145

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝

メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

役員退職金は税務調査で狙われやすい

役員退職金は税務調査において狙われやすいポイントです。

狙われやすい論点としては、「役員退職金の金額が適正な額であるかどうか」、
そして退職した事実があるかどうかの二点です。

役員退職金が否認されるパターンとしては大きく二つに分かれます。

1.役員退職金の金額が過大だった場合

→ 法人では過大部分のみが経費として認めれなくなります。ただし、退職金を受け取った個人としては
  所得税の金額は変わりません。

2.退職の事実がないのに、退職金を支払った場合

→ 法人では「役員退職金」ではなく【役員賞与】として否認されます。
  個人側でも【役員賞与】として課税されることになります。

特に2のパターンで否認された場合には、金額も大きいためインパクトが大きく
注意する必要があります。

完全に引退するような場合であれば問題になることはありません。

ですが、代表権のない会長という立場で役員に残るような場合には、退職の事実認定の判断でもめる
可能性があります。

もし否認されてしまうと、「法人税と所得税のダブルパンチ」となってしまうので、顧問税理士と
必ず事前に相談しましょう。

Return Top