顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

【アクセス】都営大江戸線 勝どき駅 A3出口 徒歩1分

03-3532-4145

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝

メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

従業員から役員になった場合の退職金

従業員から役員へ変更になった場合に、従業員時代の退職金を支払うことがあると思います。

この従業員への退職金ですが、税務上はどの時点で経費として計上できるのでしょうか?

期末に役員へと変更した方がいる場合に、翌期に退職金を支払うこととしています。
この場合、未払金として今期の経費に計上することができるのでしょうか?

結論としては、未払金として計上したとしても、税務上は今期の経費とはできません。

根拠となる法人税基本通達9-2-36にはこのように記載されています。

-----------------------------------

退職給与としてその支給をした日の属する事業年度の損金の額に算入する

-----------------------------------

もし今期の経費としたいのであれば、今期中に支払いをする必要がありますので、
気を付けるようにしてください。

Return Top