顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

【アクセス】都営浅草線 東日本橋駅 B3出口:徒歩5分

03-5843-4581

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝

メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

借金で買える3つのものとは?

「借金」で買えるものってどんなものがあるでしょうか?

別の表現をすると、借金をするメリットといった方がいいかもしれません。

私は、借金をすることで3つのものが買えると考えています。

まず、一つ目は「信用」です。

「えっ?借金が多い方が信用されるんですか?」

いえ、ここで言っている「信用」というのは、「商売上の立替金」のことです。

どういうことか説明していきますね。

商売をする上で最もリスクがないのは、注文を受けてから製造したり、仕入れをする
ことですよね。しかも、お客様からは先にお金をもらい、その入金で仕入先にお金の
支払をする。

ですが、現実にはこれでは得意先は商品を買ってくれないし、仕入先もいいよとは
言ってくれないと思います。

結果的に、売上を伸ばすためには、先に商品を仕入れて在庫を持つし、得意先には
後でまとめて支払って下さいとなりますよね。

つまり、売上代金を回収するまで、仕入代金を立て替えて支払っているようなものです。

代金を立て替えてあげるという経済上の「信用」をお客様に提供することになる
のではないでしょうか。

それが、手許の資金ではできないところを「借入」でまかなうことができれば、
信用を借入で買ったと言えるのではないかと思います。

次に、二つ目です。

それは、「安全」が買えるということです。

どんなに業績の良い会社であったとしても、売上不振の時期や、一企業の努力では
どうしようもない環境の変化があったりしますよね。

安定的に成長していくためには、そういう時期に備えて、ギリギリのお金だけでは
なく、非常食としての現金を「厚く」持っておく必要があります。

この現金の積み上げを借入金で行うことができれば、安全を買っているのと同じ
ことだと思います。

もしかすると、利息がもったいないと思う方もいるかもしれませんが、この利息は
保険料のようなものだと考えればどうでしょうか?

そして、三つ目は「時間」が買えます。

例えば、設備投資をすれば生産効率が上がり、もっと儲かる機械があったとします。
もし会社の自己資金だけで買おうと考えたら、利益から税金を引いた残りである
「内部留保」が貯まってからしか購入できませんよね。

そのお金を貯めるのに、何年かかるでしょうか?
その間に、同業者に先を行かれてしまうかもしれません。

つまり、借金で機械を購入することができれば、自己資金を貯めるよりも早く
生産性の向上を手に入れることができます。

言い換えると、借金で自己資金を貯める時間を買うことができるのです。

「借金のメリットは確かにわかりました。
 でも、借りたお金は返さなくちゃいけないから、返すの大変じゃない?」

このような不安を感じた方もいるかもしれません。

ですが、どうでしょうか。

もし備蓄用に借りたものであれば、借金したお金は手許にあるはずですよね。
そこから毎月返せばいいのです。
借金をすることで新たにお金が出ていくのは「利息の支払い」のみなのです。

設備投資の場合は、確かに毎月の支払いが大変になるかもしれません。

でも本来は、その支払よりも余計に儲けるために設備投資をするわけですよね。

そもそも借入金で設備投資をした時と、自己資金で設備投資をした時では、
成功確率は変わらないはずです。

設備投資のリスクは、その投資した設備が生かされず、資金を回収できないことです。

このリスクは、借入でも自己資金で投資しても同じことです。

借入で資金をまかなったことで新たに生まれるコストは支払利息のみです。

いかがでしょうか?
借金に対する悪いイメージが先行していた人にとっては、少し捉え方が変わったのでは
ないでしょうか。

Return Top