顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

【アクセス】都営浅草線 東日本橋駅 B3出口:徒歩5分

03-5843-4581

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝

メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

銀行員が好きな会社はどんな会社?

今日のテーマは、「銀行員が好きな会社とはどんな会社?」です。

銀行員はどんな会社が好きなのでしょうか?

銀行は書類の世界で、全ての連絡・報告事項がペーパーで行われます。
口頭で聞いたことでも、文書にまとめなければいけないルールになっているのです。

もし融資に必要な要件を記載した書面を提出してあげたりすると、担当者の事務負担が
相当減るため、とても喜ばれます。

加えて定期的な面談機会をもつことも大切です。
業績や事業のことを定期的に説明していると、銀行員も安心しますし、異常が生じた
場合も銀行側で早く発見でき、対策を講じやすくなるからです。

反対に銀行員がもっとも嫌うのは、書面による報告はもちろん、これまで音沙汰の
なかった会社から不意打ちのように資金繰りの悪化を告げられることです。

切羽つまった借入申込をする企業は嫌われますので気を付けましょう。
通常の運転資金であれば、どんなに遅くとも2週間前、設備資金であれば1ヶ月前
までには、申込をするべきです。

それからアポなしの突然の訪問も嫌がられます。
一日のスケジュールを目一杯詰め込んでいるのに、急な来客でそれがすべて
狂わされてしまうからです。

また、他行から融資を受けた資金で突然肩代わりされるのは、銀行員にとって
最大の屈辱ですので、絶対に避けましょう。

もし他行融資金による肩代わりをするのであれば、最悪その銀行との決別を覚悟
する必要があります。

これは銀行にとって最大の屈辱だからです。優良企業であればあるほど、銀行担当者や
その上司は、顧客管理不足を問われ、人事評価にマイナスの影響を与えることになる
ためです。

肩代わりするケースというのは、

・ 既存取引行と何らかの理由でもめてしまった
・ 肩代わり行が低金利融資を提案してきた

低金利融資の提案を受けると、ついついその話に乗りがちですが、長期的に資金調達の
窓口を一行失うことになってしまいますので、本当に慎重になるべきです。

住宅ローンで繰上返済は常識ですが、事業ローンで繰上返済は非常識なのです。
借りている方は早く返してあげたほうが銀行員も喜ぶと思いがちです。

ですが、銀行員の仕事は、お金を貸して金利収入を得ることです。
返済されるということは、今後の金利収入を失うことであります。

ましてやライバル銀行から借りた金で返されようものなら、ライバルに売上を奪われた
のと同じことなのです。

銀行取引も結局は個人対個人の関係にいきつく部分が多いので、相手に好かれるに
越したことはありません。
そのためには、相手のことをよく知る必要がありますよね。

Return Top