顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

【アクセス】都営浅草線 東日本橋駅 B3出口:徒歩5分

03-5843-4581

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝

メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

企業の生存率を知っていますか?

私が税理士という仕事についてから、とても気になる数字があります。

それは、企業の生存率です。

過去に一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

起業後5年で約15%、10年では6%、20年で0.3%、30年では何と
0.02%です。

つまり、30年経って残っている会社は、1万社のうち2社ということです。
どれだけ会社を継続することの難しさを表している数字でしょう。

いつもこの数字を見ると、心が痛くなります。
なぜなら、これらの会社の9割以上には、顧問税理士がいたはずだからです。

だからこそ、私の使命は、「お客様を守り続ける」ことなのです。

会社が倒産するということは、社長だけではなく、そこで働く社員、そしてその
家族にまで影響を及ぼしていきます。

私の実家も自営業です。

祖父の代から始まり、現在も何とか継続しています。
ですが、この間には、倒産の危機も何度かあったようです。

社員も相当リストラをしたこともあったそうです。

経営者の場合には、会社の経営の状況が家族関係に与える影響はとても大きいと
感じています。

私自身、子供時代に、祖父や父がいつもピリピリしていたのをよく覚えています。

もし、会社が倒産したりしたら、家族バラバラになるかもしれないという恐怖心は
小さいころから持っていました。

せめて自分は迷惑をかけちゃいけない、心配をかけちゃいけないと思って、ずっと
育ってきた気がします。

確かに忍耐力や我慢強さは身についたかもしれませんが、人にあまえる、何でも
自分でやらなければいけないという思い込みが強く、人の力を借りるということが
いつのまにか苦手になっていました。

私は、自分が子供時代に体験してきたからこそ、お客様の会社が安定してほしい、
そこで働く人やその家族が安心できるようにという気持ちが人一倍強いと思います。

正直、税理士としてという枠組みにこだわりはありません。

とにかくお客様を守れる力をつけたい、成長に貢献できる力をつけたい、その想いが
私の中ではもっとも強いのです。

企業が存在する目的は、事業を通して社会に価値を提供することや、社会に貢献
することだと思います。

これは間違いありません。
ですから、結局自分たちだけが勝つようなビジネスは、いずれは無くなるでしょう。

一方で、企業が存続し続けるためには、お金が必要です。

そのためには儲けること、そしてその儲けたお金を残していくこと、
これが原理原則です。

だから、儲けるということに対してのメンタルブロックは外さなければいけません。
あなたの会社がなくなると困る人が大勢いるはずです。

儲けることは決して悪いことではありません。
それだけ社会から必要とされ、求められているという証拠です。

そして、儲けるためには、数字に強くなる必要があります。
勘と経験と度胸の経営ではなく、科学的、戦略的に経営をしていきましょう。

ただ、会計や数字というのは、経営に使えなければ意味がありません。

中小企業の経営者や起業家が知りたいのは、明日からどうすればいいのかという
情報であり、経営の打ち手を考えるために使える情報ではないでしょうか。

今、自分が経営している会社のビジネスにおいて、最も利益に与える影響が強い要素は
一体何なのか。

単価をアップすることなのか、客数やリピート回数を増やすことなのか、原価戦略なのか、
固定費のコントロールなのか。

多くの中小企業では、おそらくこういう要素まで把握している会社は少ないと思います。

私は、お客様と数字という根拠をもって、未来を考えるサポートをしていきます。

そして、その思考や発想から出てきた行動計画にエネルギーを集中して欲しいのです。

経営者が本業に集中できる環境づくりをすること、それが私の仕事の本質だと思っています。

Return Top