顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

【アクセス】都営浅草線 東日本橋駅 B3出口:徒歩5分

03-5843-4581

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝

メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

なぜ「見せ金」はバレてしまうのか?

日本政策金融公庫の新創業融資制度では、自己資金が必要となります。

よく自己資金が少ない場合などには、一時的に他から借りてきたお金を通帳に入れて、
これを自己資金とできないかという相談を受けることがあります。

このような行為を「見せ金」と呼びます。

これによって、自己資金を大きく見せることができるので、その分借入の申込額も多く
できるため、ついやってしまうという方もいますが、これは違法な行為なのです。

また、せっかくそのために工作したとしても、ほとんどの場合、見破られてしまいます。

なぜバレてしまうのかというと、

金融機関側では、このようなことを想定して、その入金された金額についての
裏付けを求めてくるからです。

日本政策金融公庫の審査では、必ず会社の通帳だけではなく、個人の通帳も確認されます。

そこでそのお金の出所を追及されることになるので、残念ながら見せ金であることが
バレてしまうことがほとんどなのです。

もし見せ金だとわかってしまった場合には、当然その申し込んだ融資が認められない
だけではなく、その行為の経歴が金融機関に残ってしまうので、しばらくの間は融資を
受けられなくなってしまいます。

見せ金には大きなペナルティがあるので、行わないようにしましょう。

Return Top