顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

【アクセス】都営浅草線 東日本橋駅 B3出口:徒歩5分

03-5843-4581

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝

メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

法人の方が有利なの?

創業融資を申請する場合、法人にした方が有利なのでしょうか?

一般的には、「個人より法人の方が信用力が高いので、法人を設立した方がよい」などと言われる
こともありますが、創業融資に関しては、そんなことはありません。

日本政策金融公庫の「よくある質問」を見ると、

「個人での創業で申し込むのと、法人での創業で申し込みをするのに違いはありますか」
という質問に対して、

「融資申し込みについて、個人と法人とで大きな違いは特にありません。法人で申し込む際には、
 履歴事項全部証明書又は登記簿謄本が必要になるくらいです。融資を受けるうえでどちらが
 有利ということはありません」という回答になっています。

例えば、個人事業で開業する予定のAさんは、将来起業をするために300万円の自己資金を
しっかり貯金して開業することにしました。そして、融資の希望額は300万円です。

それに対して、Bさんは自己資金はほとんどなく、かき集められても50万円しかありません。
法人にすればお金を借りやすくなるという噂を信じて、資本金10万円の会社を作ったと
します。

融資の希望額はAさんと同じ300万円とします。

この二人のケースを比較した場合、どちらが有利でしょうか?

間違いなくAさんの方が有利であることは、判断できると思います。

極端な例ではありますが、法人だから有利であるというわけではありませんので、
ぜひ注意するようにしましょう。

Return Top