顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

【アクセス】都営大江戸線 勝どき駅 A3出口 徒歩1分

03-3532-4145

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝

メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

出張が多い会社であれば・・・

出張が多い会社であれば、出張日当を利用しましょう。
「出張旅費規程」という書類を作成することで、出張日当を支給することができます。

日当は交通費、宿泊費などとは別に、1日当たりXX円(定額)ということで支給されます。

これは、出張に行った個人が、もし出張がなければ支出せずに済んだ個人的諸経費
(たとえば、外食による食事代など)を会社が負担するものです。

出張日当の場合、支払う会社側では旅費交通費という経費となるだけではなく、
もうら側では所得税、住民税がかからないというメリットがあるのです。

ただ、一つ問題があるのが、「じゃあ、いくらまでならいいの?」ということです。

残念ながら、「いくらまでならいいですよ」とは税法には書かれていません。

だから、会社の規模、出張における業務内容、役員報酬や給与とのバランスも考えて
設定する必要があります。

一般的な中小企業で多いのは、1日1万円程度かと思います。
金額については、会社ごとに状況が異なるので、顧問税理士に相談した上で、
決めることをおすすめいたします。

Return Top