顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

顧問税理士をお探しなら │ 東京都中央区の藤井泰之税理士事務所に相談

【アクセス】都営大江戸線 勝どき駅 A3出口 徒歩1分

03-3532-4145

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝

メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

潰れにくい強い会社になるためには

会社設立から現在までの利益の蓄積はいくらありますか?

これを知るためには、貸借対照表の右下、純資産の部の中にある「利益剰余金」の
金額を見ることでわかります。

この数字は、会社を設立してから今までの利益の累積を表しています。
会社に内部留保した利益の蓄積です。

今、自社のこの金額を見てどのように感じたでしょうか。

人によっては、「これまでよく頑張ってきたな。これからも、さらに頑張っていこう」と
思ったかもしれません。

また、ある人によっては、「設立から10年近く経つのに、これだけしか増えていないのか」
とショックを受けた方もいるかもしれません。

利益剰余金の金額が少ないのはどうしてなのでしょうか。
そこには、いくつかの理由があります。

・実際に、ほとんど赤字の期ばかりで儲かっていなかった。

・それなりに儲かっていたはずなのに、過度な節税により、内部留保できていなかった。

・配当金や役員賞与を多くしてきたため、内部留保がない

いずれにせよ、この利益剰余金という内部留保の充実が、いざというときでも潰れない
強い会社をつくっていきます。

なぜなら、自己資本という返済の必要のないお金が増えていくからです。

Return Top